グループリーグ最終節ならではの“両チームの駆け引き”が起きた。

 グループリーグ最終節ならではの“両チームの駆け引き”が起きた。U-20日本代表は27日、U-20ワールドカップ(W杯)韓国大会第3戦イタリア戦で2-2の引き分けに持ち込み、グループ3位の上位4カ国に滑り込んで決勝トーナメント進出を確定させた。

日本のサポーターもブーイングしててウザかったルールが悪い2点差追いついたんだし別にいいじゃん
示し合わせたわけでもなんでもない両者とも攻める必要がなくなったから必然的にそうなっただけ2-2になった時点で当然この展開は予想できた開催国と審判団との“談合”の方が問題人生かかってる上にルールの範囲内でできる最善の方法とるのがプロでしょ
これ叩くのは普段サッカー見ない代表厨とかでしょ。それか、この試合によって突破できなかった国の人くらいかw互いに合理的な選択をした。ただそれだけ。
イタリアが攻めてきたら、後半30分から日本が全員で守って同点で試合を終了させるって選択も当然にありなんだけど。サッカーはバランスが大事で、相手が前のめりになれば上手くしのいでカウンターで得点ってことはよくあるんだから、バランスを保って終了させるってのは戦術としてはありでしょ。何でもかんでも、頭使わずに特攻してればいいってスポーツじゃないのがサッカーでしょ。


PAGE TOP